ここから本文です

【動画解説】台風13号発生 北日本でも大雨警戒 台風13号 8日に東日本接近か

ウェザーマップ 9/6(火) 12:25配信

 6日午前9時頃、台風13号が宮古島付近で発生しました。台風から湿った空気が流れ込むため、西・東日本では台風の接近前から大雨に注意が必要です。

 台風13号は、6日夜にはあっという間に沖縄本島地方に近づく見込みです。
あすは西日本、あさってには暴風域を伴って東日本に接近するでしょう。予報円の西から北側を通った場合、近畿から関東付近に上陸するおそれもあります。

 台風が近づいている沖縄本島地方では6日夕方以降非常に強い風が吹き、海は大しけとなるでしょう。暴風・高波に警戒して下さい。また、前線が停滞する西日本・東日本を中心に、台風から離れていても大雨に警戒が必要です。湿った空気が流れ込む影響で、6日は全国的に大気の状態が不安定になっています。7日から8日にかけて、台風の接近が予想される近畿~関東付近で活発な雨雲がかかり、大雨になるおそれがあります。8日から9日にかけては、北日本でも大雨に警戒が必要です。台風10号の被災地、北海道の南部や岩手県でも激しい雨が降り、再び大雨が予想されています。新たな土砂災害や川のはん濫などが起こりやすくなるため、できる限りの安全対策をなさってください。

 週末にかけて全国的に大荒れの天気になることも予想されます。自治体から発表される避難情報にも十分注意してください。避難準備情報が出た場合、ご高齢の方や介護が必要な方など、避難に時間のかかる方々は避難を開始してください。避難勧告はすべての方に避難を開始するよう促す情報です。避難中の方は速やかに避難を完了し、生命を守る行動をとらなければならない状況になった場合は、避難指示が出されます。最新の台風情報に十分ご注意ください。(気象予報士・尾崎朋美)

最終更新:9/6(火) 12:46

ウェザーマップ

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。