ここから本文です

カワイイ! 真っ白な子クジラが母親に甘える貴重な様子、ドローン空撮に成功

sorae.jp 9月6日(火)13時54分配信

母親と子供の微笑ましい関係は、海の中でも変わりませんね。オーストラリアのマードック大学の研究者は真っ白なセミクジラの子供が母親に擦り寄る様子を、ドローンにて空撮することに成功しました。(動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=wmn8lONwTr8)

今回の動画はオーストラリアの西にあるグレートオーストラリア湾で撮影されました。この湾はクジラが数多く見られることで知られているのですが、それでもこのような真っ白な子クジラはかなり珍しいものとなっています。また、今は真っ白でも数年もしないうちにその体色は黒くなってしまうそうです。
 
研究者たちは、ドローンによる空撮はクジラの生態を脅かすことなく観察できるツールだとしています。さらにクジラには吸着式のタグが取り付けられ、その移動経路や鳴き声に関するデータが収集されるのです。
 
専門家によれば、このセミクジラはあと数年もしないうちに絶滅危惧種のリストから外れます。近年はますます進む地球温暖化など心配なニュースが多いのですが、オーストラリアでのクジラの繁殖が順調に進むといいですね。

最終更新:9月6日(火)13時54分

sorae.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]