ここから本文です

「スカパラ」川上が選んだ、珠玉の「ブラジルミュージック」3曲

TOKYO FM+ 9/6(火) 12:28配信

9月7日にHi-STANDARDのギター&ボーカルKen Yokoyamaとタッグを組んだニューシングル「さよならホテル」をリリースする東京スカパラダイスオーケストラから、ベースの川上つよしさんがTOKYO FMの番組に出演。大好きな街歩きのお話と、オススメのブラジルミュージックを紹介してくれました。


東京スカパラダイスオーケストラのベーシスト、川上つよしさんのこだわりは「街歩き」。この夏、2度行ったリオデジャネイロでも、街歩きをしてきたそうです。

「こだわりというか街歩きが大好きで、いろんな場所に行くと街をくまなく歩くんです。見過ごしがちなものを愛でたり、墓場を巡ったり。坂も大好きですね。史蹟がある街に行くと、すごく興奮してしまいます。この夏は2回もリオデジャネイロに行ってきたのですが、さすがに向こうは治安が良くないのであまり出歩くなと言われて、限られた地域ですがいろいろと歩き回ってきました」

そんな川上さんが、おすすめのブラジルミュージックを3曲セレクトしてくれました。

◆「Berimbau」(Sergio Mendes & Brasil '66)
「ブラジルに『ビリンバウ』という民族楽器があります。今回2回目にリオに行ったのは、劇作家の野田秀樹さんが主催する東京キャラバンという、さまざまなジャンルのアーティストが交流するアートキャラバンだったんですが、ブラジルのミュージシャンとセッションしたりしました。このビリンバウという楽器はカポエイラ(ブラジルの格闘技)でも使われています。この曲はそんなブラジルの伝統楽器をモチーフにしています」

◆「Voce(You)」(Toots Thielemans & Elis Regina)
「大好きなジャズハーモニカ奏者の曲なんですが、トゥーツ・シールマンスは先日8月22日に94歳という長寿で亡くなられてしまったんです。この方は本当に天才で、ハーモニカだけでなくギターも口笛も素晴らしい。なかなかこういう人は出てこないんじゃないでしょうか。この曲は60年代のブラジルの歌姫、エリス・レジーナと一緒に作ったアルバムからの1曲です」

◆「Mas Que Nada!」(Jorge Ben)
「この曲は最近スカパラもカバーをしました。ブラジル盤のベストアルバムというのを出したんですが、そこでカバーバージョンをやっています。ブラジルではみんな知っている曲で、サンパウロでのライブでは、みんなで歌ってくれました。セルジオ・メンデスが有名にした曲なんですけど、今回はオリジナルバージョンを聴いていただきました」

東京スカパラダイスオーケストラ×Ken Yokoyamaのタッグで話題となった前作「道なき道、反骨の。」に続く第2弾シングル「さよならホテル」が9月7日に発売。さらに同日9月7日には、ブラジル盤・逆輸入アルバム「TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA~Selecao Brasileira~」が発売されます。11月からは「2016ライブハウスツアー『Paradise Has No Border』」もスタート! 東京スカパラダイスオーケストラの情報は、公式サイト(http://www.tokyoska.net/)をご覧ください。

(東京スカパラダイスオーケストラの川上つよしさんは、2016年9月5日月曜日、TOKYO FMの番組「LOVE CONNECTION」のコーナー「STARBUCKS MUSIC BARISTA」に出演しました)

最終更新:9/6(火) 12:28

TOKYO FM+

なぜ今? 首相主導の働き方改革