ここから本文です

【動画】 台風13号接近中 東・西日本で大雨のおそれ(6日18時更新)

ウェザーマップ 9月6日(火)17時49分配信

ウェザーマップ

 7日水曜日は、台風13号や前線の影響で東日本と西日本で大雨になるおそれがあります。沖縄や奄美では、暴風や高波に警戒が必要です。

 台風13号は今後も北東方向へ進み、7日水曜日には九州から四国に、8日木曜日には東海や関東に接近、上陸のおそれがあります。この台風の影響で、沖縄や奄美では風が非常に強く、海は大しけとなりますので、暴風や高波に警戒が必要です。
 
 また、台風の北上に伴って、前線の活動が活発になるため、水曜日は広い範囲で雨となりそうです。特に雨の量が多くなりそうなのが近畿地方で、水曜日の夕方までに多い所で250ミリ。そのほか、東日本と西日本で100ミリから200ミリの大雨を予想しています。土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水などに警戒が必要です。
 
 北日本では晴れる所が多いですが、仙台では夕方以降、雨となるでしょう。東日本と西日本では、局地的に非常に激しい雨や雷雨になるおそれがあります。日中の気温は火曜日より低い所が多いですが、湿度が高く、蒸し暑くなりそうです。(気象予報士・多胡安那)

最終更新:9月6日(火)17時49分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。