ここから本文です

【MLB】前田健太7回途中3安打8K1失点の快投劇! 球団新人記録タイの14勝目へ

Full-Count 9月6日(火)11時35分配信

打者18人連続凡退とダイヤモンドバックス打線を圧倒、降板時には地元ファンから拍手喝采

 ドジャース前田健太投手が5日(日本時間6日)、本拠地でのダイヤモンドバックス戦に先発し、7回途中を3安打8奪三振1四球1失点(自責1)の快投を披露した。味方打線から大量8点の援護を受け、石井一久氏らが持つ球団新人最多勝記録に並ぶ14勝目の権利を持って降板した。

広島時代から光る安定感…前田健太のNPB・MLBでの年度別成績一覧

 前田は初回先頭のセグラにレフト前ヒットを許したが、ミスらしいミスはそれだけだった。序盤は速球でカウントを整えながら変化球を振らせたが、5回以降は変化球で入って速球を振らせる配球に変化。途中、味方打線がダイヤモンドバックス先発グリンキーから5本塁打を含む8点の大量リードを獲得したこともあり、前田は終始強気で攻めた。結局、初回2人目の打者オーイングスから打者18人を連続凡退とするほぼパーフェクトなピッチングを披露した。

 マウンドに戻った7回。先頭オーイングスにライト前ヒットを許すと、1死から主砲ゴールドシュミットに四球を与えた。1死一、二塁としたところで、ラムにライト前ヒットを許して1失点。102球(67ストライク)を奪ったところで降板すると、本拠地のファンからは拍手喝采が沸いた。

 打席でも5回に遊撃へ安打を放ち、シーガーの24号3ランで生還する活躍。前日まで2連勝と波に乗るチームにさらに勢いを与えるパフォーマンスを披露した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月6日(火)11時45分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。