ここから本文です

ワン・ダイレクションのナイル・ホーラン、恩師サイモン・コーウェルに反旗を翻す?

ELLE ONLINE 9月6日(火)20時25分配信

イギリスの新聞「デイリースター」は関係者の証言を入手。ナイル・ホーランがユニバーサル・ミュージックと契約を結ぶと知って、サイモン・コーウェルは大きな打撃を受けているとか。「サイモンは何ヶ月もの間、自分のレーベルであるサイコ(Syco)とソロ契約を結ぶようナイルを説得してきた」そう。サイモンはナイルに多額の契約金を提示していたけれど「でも最終的にユニバーサルがそれ以上の額を提示した」とか!

ナイルのこの行動がサイモンを激怒させている可能性が大。7月にリアム・ペインがユニバーサルの傘下にあるキャピトルと契約を結んだとき、サイモンはインタビューで「1Dとは6年間一緒に仕事をしてきた。全員がソニーファミリーに残ることをいつも望んでいたけれど1人は残らないみたいだね」、さらに「これまで長い間一緒に仕事をしてきたアーティストが新しいレーベルと契約するのは不快だ」とまで言っていたとか! 当時ナイルについてサイモンは「僕はナイルを気に入っている。サイコと契約してくれると信じている」とコメント、さらに「ナイルは一番忠誠心があっていい子」と語っていたそう。そこまで気に入っていた秘蔵っ子に裏切られただけに、リアムのときよりも壮絶な嫌味とリベンジ行動を繰り出してきそう……。怖いけれど乞うご期待。
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:9月6日(火)20時31分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。