ここから本文です

安倍首相「緊密な協力深めたい」=ブラジルの新大統領と会談、G20の中国で

ニッケイ新聞 9月6日(火)21時51分配信

<ブラジル邦字紙「ニッケイ新聞」6日付け>

 G20杭州サミット出席のために中国の杭州を訪問中の安倍晋三首相は5日午前(現地時間)、テメル大統領と首脳会談を行った。

 5日付日本国外務省サイトによれば、首相はまずリオ五輪の成功を祝福し、《ブラジルは世界最大の日系社会を有し、民主主義、法の支配といった基本的価値観を共有する大切なパートナーでありグローバルなレベルで緊密な協力を深めていきたい》と述べた。

 他の先進諸国同様に、弾劾裁判を民主的な手続きと認めた形だ。アウテルナチバ誌電子版によれば、首相は「ぜひ訪日を」と招待した。

 テメル大統領はツイッターを通して《日伯には共通点が多く、もっと絆を強めたい》《教育、科学、技術革新などの分野で日本の経験を学び、協力体制を深めたい》《鶏肉同様に牛肉や果物も日本に輸出したい》と発言したことを伝えた。

 さらに《港、空港、鉄道などのインフラ投資を呼び込みたい》旨を要請したという。

最終更新:9月6日(火)21時51分

ニッケイ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。