ここから本文です

台風13号 6日夜に沖縄本島接近 7日は西日本の南海上へ

ウェザーマップ 9/6(火) 17:03配信

 6日午前に発生した台風13号が近づく沖縄・奄美では7日にかけて、非常に激しい雨が降り大雨となる見込み。また、海上を中心に非常に強い風が吹き、海はうねりを伴い大しけとなる。低地の浸水、河川の増水や氾濫、土砂災害、高波に警戒が必要だ。

 台風13号は、6日午後3時には那覇市の北西およそ130キロにあり、1時間に25キロの速さで北東に進んでいる。中心の気圧は1000ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。台風は、この後も発達しながら北東に進み、6日夜は沖縄本島に、6日夜遅く~7日未明には奄美に最も近づく予想だ。台風は7日の日中、西日本の南海上を進み、8日(木)朝には暴風域を伴い東日本にかなり接近するおそれがある。

 台風の接近により本州付近で前線の活動も活発となるため、西~東日本では大気の状態が非常に不安定となり、大雨となる所がある見込み。
 なお、6日の北日本は前線の影響で大雨となっている所があるが、7日朝まで一部で不安定な天気が続き、8日には台風13号の接近に伴い雨が強まる可能性がある。今後の台風の動向に注意が必要だ。

大雨

 沖縄・奄美や西日本太平洋側は7日にかけて、雷を伴い1時間50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、局地的には1時間80ミリの猛烈な雨の降るおそれがある。
 
【7日夕方までの雨量(多い所)】
 近畿              250ミリ
 奄美              200ミリ
 沖縄、九州南部、四国、東海   150ミリ
 関東甲信            100ミリ

 西日本から東日本太平洋側では、8日にかけても大雨となるおそれがあり、降水量はさらに増える見込み。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要だ。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要となる。

沖縄・奄美は高波警戒

 沖縄では非常に強い風が吹いており、海は大しけとなっている。台風の発達と接近に伴い、沖縄・奄美では7日にかけて、海上を中心に非常に強い風が吹き、海はうねりを伴い大しけとなる。沖縄・奄美で7日にかけて予想される最大瞬間風速は35メートル。予想される波の高さは6メートル。

 西日本から東日本の太平洋側でも風が強まり、海は大しけとなるおそれがある。うねりを伴った高波に警戒するとともに、強風にも注意が必要だ。

最終更新:9/6(火) 17:19

ウェザーマップ