ここから本文です

【映像】ヒラリーは「トランプ・アレルギー」 演説中咳止まらず

アフロ 9/6(火) 20:02配信

 米民主党大統領候補のヒラリー・クリントン氏は5日、オハイオ州クリーブランドで選挙集会を開き、共和党大統領候補ドナルド・トランプ氏を批判した。さらに演説中に咳が止まらなくなる一幕があり、「トランプ氏のことを考えるたびにアレルギー反応をおこす」と皮肉った。

 選挙集会でクリントン氏は、トランプ氏が先月メキシコを訪問したことについて、「トランプ氏はたった数時間の訪問で、重大な国際問題を引き起こした」と指摘した上で、「挙げ句、メキシコ大統領とツイッター上で論争している」と批判した。
 トランプ氏が訴える移民の強制送還計画については、「悪意」に満ちているとし、1600万もの人を送還できないと述べた。
 さらにクリントン氏は、「ドナルド・トランプはこの国の元首になる資質はない」や「実際に災害が起きた時の彼を想像してください」、「ツイートに激怒するような人(トランプ氏)に核兵器は渡せない」など痛烈な批判を展開した。
 
(アメリカ、オハイオ州 5日 映像:Press Association(PA)/アフロ)

最終更新:9/7(水) 10:30

アフロ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。