ここから本文です

G20首脳会合、鉄鋼過剰生産能力対策 国際協議の場を設置へ

日刊産業新聞 9/6(火) 12:22配信

 中国の杭州で4、5日開いたG20首脳会合で、鉄鋼の過剰生産能力対策に関する国際的な意見交換の場を設置することで合意した。中国をはじめとする能力増強に新興国などの景気減速が重なり供給過剰の深刻化、通商摩擦の激化などを受け、経済協力開発機構(OECD)鉄鋼委員会による年来の議論に今春のOECDの高官級会合、G7首脳会談などの場で世界経済の課題として懸念を共有し、議論を積み重ねてきた国際的な対応策が一歩前進する。8、9日に開くOECD鉄鋼委で具体化に向けて議論が本格化する見通し。

最終更新:9/6(火) 12:22

日刊産業新聞