ここから本文です

【速報】錦織 ストレート勝ちで全米OP2年ぶり8強、強烈サービス攻略<男子テニス>

tennis365.net 9/6(火) 7:23配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は5日、男子シングルス4回戦が行われ、第6シードの錦織圭(日本)が第21シードのI・カルロビッチ(クロアチア)を6-3, 6-4, 7-6 (7-4)のストレートで下し、2年ぶり2度目のベスト8進出を果たした。

【錦織ら全米オープン対戦表】

この日、211センチの長身から繰り出すカルロビッチの強烈なサービスに、錦織は鋭いリターンで対応し、第4ゲームで鮮やかなロブやパッシングショットを決めてブレークに成功。その後は得意のストローク戦に加え、サーブ・アンド・ボレーを決めるなどで、このセットを先取する。

第2セットに入っても錦織の勢いは止まらず、第1ゲームでカルロビッチのサービスゲームを破る好スタート切り、リードを守って2セットアップとした。

第3セットは両者のサービスキープが続けてタイブレークへ突入し、序盤でポイントを連取した錦織が主導権を握り、勝利を手にした。

準々決勝では、リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)で金メダルを獲得した第2シードのA・マレー(英国)と第22シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)の勝者と対戦する。

全米オープンで錦織は2014年にグランドスラム初の決勝進出を果たし、M・チリッチ(クロアチア)に敗れるも準優勝。2015年は1回戦でB・ペール(フランス)にフルセットで敗れた。

リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)では銅メダルを獲得し、その後W&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)に出場したが3回戦で敗退した。

tennis365.net

最終更新:9/6(火) 7:23

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています