ここから本文です

スリット注意報発令! セレブのスキャンダラスドレス@ヴェネチア映画祭

ELLE ONLINE 9/6(火) 21:37配信

カンヌに次ぐ国際映画祭として名高いヴェネチア映画祭。カンヌに引き続き、来場セレブのドレスにスリット注意報が発令されている様子!

【画像】第73回ヴェネツィア映画祭ドレス速報

スリット特別警報レベル3/魔の三角地帯にスキあり

ミス・イタリア参戦経験ありのモデル、ジュリア・サレミのスリットは、気象庁であれば特別警報レベルを出すレベル。「マンジーニ」のドレスは、見えること大前提でデザインされたボディスーツをインサイドに備えばっちり。やたらとゴシップ誌が大騒ぎしているこのドレスだけれど、よくよく考えてみればハイレグの水着を着ているのと同じことだよね……となんとか消化しかけた人々を裏切り、日焼け痕を見せてしまったため下着感たっぷりで台なし。こういうドレスを着るなら、ベラ・ハディッドのように魔の三角地帯もキレイにしないと!

スリット特別警報レベル2/歩く暖簾

もうコレ、スリットじゃなくない? “前全開のドレス”という理解でいいのではないかと思われるダイアネ・メロのフューシャピンクのドレスは、もはや歩く暖簾。「よぉ、大将やってるかい?」と顔を出す居酒屋常連かのごとくボディスーツがちら見え。このように“撮られ高”を強引に上げる作戦に出る人もちらほら見られるのが、国際映画祭の面白いところ。

スリット警報レベル2/期待されていなかったカスタマイズ

「エリー・サーブ」のドレスにわざわざスリットを入れてカスタムメイドしたと見られている、ナオミ・ワッツ。でも現在「トレンド狙いすぎ?」「(アカデミー賞で話題になった)“アンジーの右脚”のマネをした?」とご指摘多数。ナオワツに計算高さは期待されていない様子。

スリット警報レベル1/スリットの無駄遣い?

『Hacksaw Ridg(原題)』のプレミアで、大胆にスリットからギリギリまでおみ足を露わにしたのは、システィーン・ローズ・スタローン。やはりこの筋肉がしっかりついた健康的な脚はシルベスター・スタローンの娘だけある。グラディエーター風のサンダルでも力強さを演出! でも、エプロンドレスのデザインで上半身もギリギリセクシーにするなら、スリットはないほうがバランスとれたかも。

最終更新:9/6(火) 21:37

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]