ここから本文です

テクノロジーをこれでもかと詰め込んだ「IoTハンドバッグ」が、あなたの浪費癖を直してくれるかも

ギズモード・ジャパン 9月6日(火)20時10分配信

一瞬ジョークアイテムかと思った。

ほしくもないのについ買ってしまい、あとから激しく後悔…。誰にでもある経験ですよね。しかし、この最新技術を詰め込んだハンドバッグなら、ムダな浪費からあなたを救ってくれるかもしれません。

「iBag2」という、どこかで聞いたことのあるネーミングのこちら、テーマはズバリ「IoTハンドバッグ」とのこと。

その名に恥じず、バッグ内にはコンピュータ基盤と1万mahのバッテリーを搭載。1日のうちで最もムダ遣いをしやすい時間帯になると、備え付けの電磁石が発動し、バッグを自動でロックしてくれるのだそう。

さらには、電波による近距離通信でデータをやりとりするRFIDシステムも搭載。財布を取りだす度にLEDが点滅し、バイブレーターが作動するようになっており、ムダな出費を思いとどまらせるのだとか。

まだまだ終わりませんよ。iBag2にはGPSまで装備されており、予め登録しておいた「浪費しそうな場所」に近づくと、警告してくれる機能までついています。

そんなハイテク機能満載のiBag2ですが、デザインも負けじと個性的なものとなっておりますよ。

そしてもうひとつ厄介なのが、この「浪費癖を直すバッグ」自体が5,000ドル(約50万円)だということ。何か大きな矛盾とやるせなさを感じますが、IoTの可能性をまたひとつ示したという意味では、画期的アイデアなのかもしれません。

image by Finder.com

source: iBag2

Christina Warren - Gizmodo US[原文]

(渡邊徹則)

最終更新:9月6日(火)20時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]