ここから本文です

豊島選手の決意!動画発信 リオパラリンピック・車いすバスケ代表

福島民友新聞 9月6日(火)10時47分配信

 県は5日、投稿動画サイト「ユーチューブ」の県公式チャンネルで、震災を乗り越え、リオデジャネイロ・パラリンピックの車いすバスケットボールに出場する豊島英(あきら)選手(27)=いわき市出身=にスポットを当てた動画の配信を始めた。

 復興へと歩みを進める本県の若者の姿を配信する県の「Seeds of Hope―福島の若者たち」シリーズ最新作。動画は3分22秒で、豊島選手がインタビューで震災時の思いやパラリンピックに懸ける思いなどを語っている。

 豊島選手は震災直後について「大変な時期にバスケをしていいのかと思った」としつつ、「仲間がいて目標に向かってトレーニングしてきた。震災で負けていられないという思いが芽生えた」と振り返っている。リオに向けては「支えてくれる方々のためにも、結果を出さなくてはいけない」と決意を語っている。

 同チャンネルへの掲載動画は8月末現在858本で、チャンネル登録者は1757人。動画の再生回数は144万3539回となっている。

福島民友新聞

最終更新:9月6日(火)10時47分

福島民友新聞