ここから本文です

錦織がカルロビッチにストレート勝利で8強入り [全米テニス]

THE TENNIS DAILY 9/6(火) 7:33配信

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/予選8月23日~、本戦8月29日~9月11日/ハードコート)の男子シングルス4回戦で、第6シードの錦織圭(日清食品)が第21シードのイボ・カルロビッチ(クロアチア)を6-3 6-4 7-6(4)で倒してベスト8進出を果たした。試合時間は2時間1分。

錦織が銅メダル獲得、ナダルから2度目の勝利 [リオ五輪]

 この結果で錦織は、カルロビッチとの対戦成績を2勝2敗のタイに追いついた。前回の対戦は2014年2月のメンフィス(ATP250/室内ハードコート)の決勝で、錦織が6-4 7-6(0)でカルロビッチから初勝利を挙げていた。

 全米オープンには7年連続8度目の出場となる錦織は、2014年に自己最高の準優勝を果たしている。昨年は1回戦で、ブノワ・ペール(フランス)に4-6 6-3 6-4 6-7(6) 4-6で敗れていた。

 錦織は準々決勝で、第2シードのアンディ・マレー(イギリス)と第22シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)の勝者と対戦する。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:NEW YORK, NY - SEPTEMBER 05: Kei Nishikori of Japan celebrates his win over Ivo Karlovic of Croatia during his fourth round Men's Singles match on Day Eight of the 2016 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 5, 2016 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Michael Reaves/Getty Images)

最終更新:9/6(火) 8:11

THE TENNIS DAILY

なぜ今? 首相主導の働き方改革