ここから本文です

錦織「すごく良かった。満足しています」 全米OP2年ぶり8強<男子テニス>

tennis365.net 9/6(火) 9:57配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は5日、男子シングルス4回戦が行われ、2年ぶり2度目のベスト8進出を果たした第6シードの錦織圭(日本)が、試合後の会見で「今日の試合は、すごく良かった。満足しています」と手応えを感じていた。

【錦織ら全米オープン対戦表】

第21シードのI・カルロビッチ(クロアチア)と対戦した錦織は、自身のサービスゲームで1度もブレークを許さず、ファーストサービスが入った時に84パーセントの高い確率でポイントを獲得し「ファーストを入れておけば、なんとかなるかなというところもあった」と4回戦を振り返った。

今大会の1回戦で全米オープン最多61本のサービスエースを記録した211センチの長身カルロビッチに、この日は21本決められたが、鋭いリターンで対抗して2度のブレークに成功。

錦織は「簡単ではないですし、サーブを読むのは賭けみたいなところもある。それが当たれば、リターンを沈めてポイントを取ることが出来た。今日は思うように全ていってくれた。リターンがすごく良かったので、それが今日の試合で1番良いところだと思います」と勝因はリターンだったことを明かした。

今大会の1・2・3回戦は1セットを落とす苦しい展開を強いられていたが、この日はストレート勝ちをおさめ「3セットで終えられてよかった。またセットを取るのは大変なので」と安堵の表情を見せた。

準々決勝では、リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)で金メダルを獲得した第2シードのA・マレー(英国)と第22シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)の勝者と対戦する。

tennis365.net

最終更新:9/6(火) 9:57

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。