ここから本文です

セレナがシュウェドワをストレートで退け準々決勝へ [全米テニス]

THE TENNIS DAILY 9/6(火) 8:50配信

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月29日~9月11日/ハードコート)の女子シングルス4回戦で、第1シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)がヤロスラーワ・シュウェドワ(カザフスタン)を6-2 6-3で倒してベスト8進出を決めた。試合時間は1時間8分。

セレナがグランドスラム307勝目を挙げ、ナブラチロワを抜き、男子のフェデラーと並ぶ [全米オープン]

 この結果でセレナは、シュウェドワに2009年の初対戦から負けなしの5連勝。前回の対戦は2014年3月のマイアミ(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)の2回戦で、セレナが7-6(7) 6-2で勝っていた。

 全米オープンには6年連続17回目の出場となる34歳のセレナは、過去に6度の優勝(1999年、2002年、08年、12~14年)を果たしている。昨年は年間グランドスラム達成をかけて臨んだが、準決勝でロベルタ・ビンチ(イタリア)に6-2 4-6 4-6で敗れていた。

 セレナは準々決勝で、第5シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)と対戦する。ハレプは4回戦で、第11シードのカルラ・スアレス ナバロ(スペイン)を6-2 7-5で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:NEW YORK, NY - SEPTEMBER 05: Serena Williams of the United States returns a shot to Yaroslava Shvedova of Kazakhstan during her fourth round Women's Singles match on Day Eight of the 2016 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 5, 2016 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Al Bello/Getty Images)

最終更新:9/6(火) 8:50

THE TENNIS DAILY

なぜ今? 首相主導の働き方改革