ここから本文です

ダビド・ルイス、マルコス・アロンソを獲得したチェルシー さらにコンテ教え子の元ユヴェントスDFにも関心

theWORLD(ザ・ワールド) 9/6(火) 16:30配信

新戦力の補強を諦めないコンテ

チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、ユヴェントスを退団しフリーとなっているウルグアイ代表DFマルティン・カセレスと契約を結ぶことを望んでいるという。

チェルシーは今夏、DFダビド・ルイスを買い戻し、スペイン人DFマルコス・アロンソを締め切り間際に獲得。守備のオプションに新戦力を揃えたチェルシーだが、コンテ監督はユヴェントスでとともに過ごした経験もあるDFカセレスの加入を期待していると英『METRO』が伝えている。

現在29歳のマルティン・カセレスは、2006-07シーズンに母国のデフェンソールでトップチームデビューを果たすと、翌シーズンにはビジャレアルに移籍し欧州へ挑戦。その後バルセロナ、セビージャ、ユヴェントスとビッグクラブを渡り歩いている。負傷を振り返し昨季はリーグ戦6試合の出場にとどまったが、フリーで獲得できればバックアッパーとして期待できる人材を補強することになる。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9/6(火) 16:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報