ここから本文です

【ブラジル】日立ハイテク ブラジル金型鋼販社買収へ

サンパウロ新聞 9月6日(火)3時17分配信

 日立ハイテクノロジーズ(宮崎正啓社長、本社=東京都、以下日立ハイテク)は8月22日、同社の100%子会社である伯法人「Hitachi High-Technologies do Brasil Ltda.」(日立ハイテクブラジル)が、ブラジルの金型鋼販売会社である「Alltech Steel do Brasil Ltda.」の発行済み株式全部を2016年10月3日付で取得する契約を8月5日付で締結したと発表した。

 日立ハイテクグループは、ブラジルの自動車産業における金型の現地製造需要の増加に合わせて11年に当地での金型鋼の販売を開始、日系特殊鋼メーカーの金型鋼を輸入販売してきた。

 日立ハイテクはAlltech Steel社を買収することでブラジルにおける金型鋼ビジネスを強化、市場におけるプレゼンスの向上を図る。また、金型鋼の販売先である金型製造会社の要望に応じて、金型生産工程の一つである熱処理までをパッケージとして提供するサービスも開始する。

サンパウロ新聞

最終更新:9月6日(火)3時17分

サンパウロ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。