ここから本文です

男子は山下雄大(東北大3年)が単複2冠 [夏季東北学生テニス]

THE TENNIS DAILY 9月6日(火)11時56分配信

「2016年 東北学生テニス選手権大会」(宮城県・泉総合運動場、川内庭球場、東北大学川内北キャンパステニスコート/本戦9月1~4日)は最終日を迎え、男子の単複決勝が行われた。

清水優(山形大2年)が単複2冠、夏季大会2連覇達成 [H28夏季東北学生]

 男子シングルス決勝は第8シードの山下雄大(東北大学3年)と遠沢竜駄(青森大学3年)の対戦となり、山下が遠沢を6-4 1-6 6-3で下して優勝を飾った。

 トップ2シードの対戦となった男子ダブルス決勝は、第2シードの山下/渡邊建史(東北大学4年)が第1シードの須賀川竜舞(福島大学3年)/柏倉正暉(東北学院大学3年)を6-3 6-4で倒してタイトルを獲得。山下は単複2冠を達成した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【男子シングルス決勝】

○33山下雄大(東北大)[8] 6-4 1-6 6-3 ●22遠沢竜駄(青森大)

--------------------

【男子ダブルス決勝】

○32山下雄大/渡邊建史(東北大)[2] 6-3 6-4 ●1須賀川竜舞/柏倉正暉(福島大/学院大)[1]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:9月6日(火)11時56分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。