ここから本文です

男子は山下雄大(東北大3年)が単複2冠 [夏季東北学生テニス]

THE TENNIS DAILY 9/6(火) 11:56配信

「2016年 東北学生テニス選手権大会」(宮城県・泉総合運動場、川内庭球場、東北大学川内北キャンパステニスコート/本戦9月1~4日)は最終日を迎え、男子の単複決勝が行われた。

清水優(山形大2年)が単複2冠、夏季大会2連覇達成 [H28夏季東北学生]

 男子シングルス決勝は第8シードの山下雄大(東北大学3年)と遠沢竜駄(青森大学3年)の対戦となり、山下が遠沢を6-4 1-6 6-3で下して優勝を飾った。

 トップ2シードの対戦となった男子ダブルス決勝は、第2シードの山下/渡邊建史(東北大学4年)が第1シードの須賀川竜舞(福島大学3年)/柏倉正暉(東北学院大学3年)を6-3 6-4で倒してタイトルを獲得。山下は単複2冠を達成した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【男子シングルス決勝】

○33山下雄大(東北大)[8] 6-4 1-6 6-3 ●22遠沢竜駄(青森大)

--------------------

【男子ダブルス決勝】

○32山下雄大/渡邊建史(東北大)[2] 6-3 6-4 ●1須賀川竜舞/柏倉正暉(福島大/学院大)[1]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:9/6(火) 11:56

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。