ここから本文です

先を見据える広島・緒方監督、勝利にも奢らず「隙を見せたらダメ」

Full-Count 9月6日(火)22時44分配信

中日に勝利し、優勝マジック3に

 広島は6日、マツダスタジアムで行われた中日戦に4-1で勝利し、優勝へのマジックを3とした。「今日も、しっかり投げるべき人が投げて、打つべき人が打ってくれた。ナイスゲーム」とお決まりのフレーズで試合を評した緒方監督だったが、守りのミスに苦言を呈する場面もあった。

広島はM3点灯…NPB順位表

 4回にはサードの梵、5回にはショートの田中が失策を記録し、5回のエラーは失点につながった。さらに7回にはピッチャーのジョンソンが、ベースカバーを怠ってピンチを招くなど、守備のミスが目立った。緒方監督は「隙を見せたらダメということ。ジョンソンは、本人も分かっていると思うけど、ひとつのミスが大きなことにつながってしまうこともある」と、気を引き締めた。

 9回の守備では、ゴロを処理した新井がバランスを崩したような姿勢を見せ、堂林と交代した。新井は「大丈夫」と大事には至らなかった様子だったが、指揮官は「新井だけでなく、この時期はみんな満身創痍でプレーしてくれている。大きな怪我につながることだけは避けなければならないので、止められるところは止めたい」と選手を気遣い、交代を説明した。

 今季初スタメンとなった梵が、3打席ノーヒット、1失策と結果を残せなかったが、「みんなにチャンスを与えている。結果を残せば、もちろん続けて試合に出られるけど、ただ、結果だけで判断しているわけではないから」と個人を責めることはなかった。

 2位巨人が阪神に勝ち、7日の空模様を考えると、この3連戦で優勝が決まる可能性は低くなったが、緒方監督の目は、すでに次の段階を見据えているようだ。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:9月6日(火)22時49分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報