ここから本文です

“日本最高のスピードスター“宮市の完全復活はまだか 指揮官「リョウのスピードは大きな助けになる」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月6日(火)18時20分配信

昨季終盤に輝きを放ったが……

将来は日本代表のキーマンになってくれるのではと期待されながらも、不運なことに何度も大怪我に見舞われたザンクトパウリFW宮市亮はいつ完全復活を遂げるのか。その爆発的なスピードは日本のサッカーファンを興奮させたが、今では宮市の名前を聞く機会はほとんどない。

その宮市が昨季一瞬の輝きを放ったのがリーグ最終節のカイザースラウテルン戦だ。この試合で宮市は2得点1アシストと大暴れし、復活の予感を漂わせた。しかし独『Bild』によると、ザンクトパウリの指揮官エーワルド・リーネンは最終節だったのが残念だったとコメント。そこから夏季休暇に入ってしまったためにブレーキがかかったことを悔やんでいる。

「リョウの状態はよくなっていたが、そこでシーズンが終わってしまった。彼が自信を取り戻し、最大限のクオリティを発揮できるようになるには半年ほどかかると思う。より早く状態がよくなればとは思っているよ。リョウのスピードは非常に大きな助けになる。それは練習でも分かることだ。彼はシーズンを通してプレイしないといけない。安定感が必要だね」

同メディアによると、宮市は現在ふくらはぎなどに問題を抱えているという。相変わらず怪我が絶えず、シーズンをフルで戦えたことはほとんどない。クラブの信頼を掴み、ここから再びステップアップしていくには安定感を身につけなければならない。

若きスピードスターと言われた宮市ももう23歳となり、中堅の年齢に入ろうとしている。再び日本代表でプレイする姿も見てみたいが、完全復活はまだか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月7日(水)11時29分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]