ここから本文です

[日本代表]今度はしっかりネットを揺らした浅野 日本がタイを撃破し、最終予選初勝利

theWORLD(ザ・ワールド) 9月6日(火)23時10分配信

アウェイの地で勝ち点3ゲット

ロシアW杯アジア最終予選の初戦でUAEに敗れた日本代表は6日、第2戦でタイ代表と対戦した。敵地に乗り込んだ日本は、UAE戦から岡崎慎司、清武弘嗣、大島僚太の3名が外れ、浅野拓磨、原口元気、山口蛍がスタメンに名を連ねた。負傷により欠場が噂されていた香川真司は初戦同様に先発起用されている。

スコールの中キックオフされた試合は、日本が高い位置からプレッシャーをかけ、積極的に攻撃も仕掛けていく。すると16分にチャンスが訪れる。右CKを吉田麻也がヘディングで合わせ、ゴール前へこぼれたボールに反応した森重真人が詰める。しかし、これはタイDF陣に防がれてしまい、先制ゴールとはならなかった。

これで勢いに乗った日本は直後の18分、右サイドの深い位置から酒井宏樹が中央へクロスを入れると、ゴール前でフリーになった原口がヘディングで合わせ、ゴールネットを揺らした。

その後もサイド攻撃を中心にタイを攻め立てる日本。クロスから本田に決定的なチャンスが何度か訪れたりもしたが、相手GKのファインセーブに合い、追加点を決めるまでには至らず。日本が1-0で1点リードして試合を折り返した。

後半に入っても日本がゲームを支配する形は変わらない。しかし、なかなか追加点を挙げられず、もどかしい展開が続く。

すると70分、日本にこの試合最大のピンチが訪れる。高い位置でタイにボールを奪われると、カウンターから10番を背負うティーラシルがGKと1対1に。西川が顔面ブロックで守り切り、なんとか事なきを得た。

そして75分、ついに日本が追加点を挙げることに成功する。長谷部のロングボールに反応した浅野が裏へ抜け出す。ペナルティエリア中央から放ったシュートはGKに当たったが、ボールはタイゴールへ吸い込まれた。

その後、タイに退場者が出たりもしたが、スコアは動かず試合終了のホイッスル。2-0で日本がタイに勝利し、最終予選で初白星を挙げた。

[スターティングメンバー]
GK:西川周作
DF:酒井宏樹、吉田麻也、森重真人、酒井高徳
MF:長谷部誠、山口蛍、本田圭佑(→小林悠 86)、香川真司、原口元気(→宇佐美貴史 90+1)
FW:浅野拓磨(→武藤嘉紀 82)

[スコア](前半終了時点)
タイ 0-2 日本

[得点者]
日本:原口(18)、浅野(75)

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月6日(火)23時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]