ここから本文です

“大人アイドル”predia お色気たっぷり浴衣姿でまえだゆう暴走!? 水野まい誕生日&松本ルナ復帰発表で祝福の嵐!

Billboard Japan 9/6(火) 20:00配信

 “大人アイドル”prediaが、9月4日にMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにてFCイベント【predia浴衣 party】を開催し、色気漂う浴衣姿でファンとともに和やかに進行したイベント最後、4月末から休養していた松本ルナが復帰することを発表。またイベント終焉後、メンバーそれぞれがコメントも寄せてくれた。

【predia浴衣 party】写真一覧(計50枚)

<“やっほい!”まえだゆうが暴走!? 話題を裏切らない歌唱力も存分に魅せ付ける>

 「いつも支えてくださっているファンの皆様へ、おもてなしの心で残暑見舞いをお届けします」と司会を務めた林弓束が、メンバーを一人ずつステージに迎えていきイベントはスタート。テーマを設けた撮影タイムで、メンバーそれぞれが「可愛い表情」や「大人な雰囲気」をかもしだしていたが、ここでまえだゆうがステージを降りる禁じ手を敢行し、メンバーから怒られてしまうといったハプニング(?)もみられた。続くライブパートでも和やかなムードはあるものの、そのパフォーマンスには一点の曇りなく圧巻のステージを披露していく。そして、ライブ中にファンへ愛嬌ある笑顔を振りまく沢口けいこや、浴衣衣装もあいまってより上品に舞い踊る青山玲子のここでしか見られない姿も非常に嬉しいイベントであると痛感させられた。

 プライベートでメンバーが撮ってきた写真と川柳を発表する、夏の風情を感じさせるコーナーでは、仲の良いprediaメンバーが互いの写真を弄り合い笑いを誘う。また、ここで紹介された川柳の中で、内容がセクシーでありその読み方もさすがだった、“吐息お姉さん”の異名も持つ青山玲子の「この夏の ベッドの相手は ちゃんころぴー(まえだゆう)」は、不思議と記憶に残ってしまった。この後のライブでは、歌唱力も話題となるprediaを引っ張るメインボーカルの湊あかね、村上瑠美奈の2人による「one more yesterday」が披露され、この話題を裏切らない圧倒的な歌声を響かせていた。

<「まいまい」コールで水野まいの誕生日を祝福! そして松本ルナの復帰発表>

 イベントは続き、与えられた設定で妄想浴衣デートをメンバーが演じる対決企画に突入。お題で出された「おしどり夫婦」の意味が分からないまえだゆう、YouTube動画でりゅうちぇるを見すぎて彼の口調に寄ってしまう湊あかね、自ら苦手と口にする「ちゃらい女」を演じた水野まい、「幼なじみ」なのに「ちゃらい女」になってしまう桜子など会場からの笑いも絶えない。そしてこの対決を制したのは……可愛らしい「酔ったらキス魔」を披露してくれた岡村明奈だった。そして夏といえばのカバー曲「夏祭り」で、メンバーそれぞれが思い思いに弾けながら時に黄昏ながら情緒ある夏を体現していく。また「Hey Now!!」にて、先日誕生日を迎えた水野まいを「まいまい」コールでメンバーとファンたちが祝福しながらライブは締めくくられた。

 最後に、10月から開催されるツアーの告知をして、大きく一呼吸挟むと、岡村明奈が「10月からツアーがはじまるんですが……そのツアーで、ルナルナ(松本ルナ)が帰ってきます!」と、4月末から療養のため活動休止をしていた松本ルナの復帰を発表した。またこの発表時に涙が溢れてしまった岡村は、「涙腺が弱くなって……」と自虐を入れつつ「握手会でも(松本のことを)心配して来てくれるファンの方もいて、やっと復帰することを伝えられて、嬉しくて涙しちゃいました」と語ってくれた。

<6周年ツアーへ意欲的に突き進むprediaメンバー 12月28日に集大成としてどう魅せてくれるのか?>

 松本ルナが復帰を迎える10月10日 よみうり大手町ホールからスタートする【predia 6th Anniversary tour】について、「初めて訪れる会場もあり、色々なことを考えている」と、楽しみがさらに増すようなコメントをしてくれた。「新しいこともたくさんやりたい」、「それぞれの会場でも、この6周年ツアーを通して楽しんでいただける構成にしたい」と意欲的な彼女たちからも、この6周年ツアーでprediaの10人がどんなパフォーマンスを魅せてくれるのか非常に気になるところだ。さらに、まだ開幕もしていないツアーのファイナルZepp Tokyo公演に賭ける意気込みも快く答えてくれたので、それぞれの想いがツアーを通してどのように表現され、12月28日に集大成としてどう魅せてくれるのか、是非チェックして会場で見届けてほしい。

--12月28日 Zepp Tokyoでのツアーファイナルに向けて

・村上瑠美奈
「最高の7年目を迎えたいと思います!」
・林弓束
「2016年、最高の締めになると思います!」
・桜子
「今年の締めらしく、最高に楽しいライブにしたいです!」
・まえだゆう
「つまり全力“やっほい”で、ちゃんころぴーするので、みんなで最高の思い出です!」
・青山玲子
「来てくれた人全員がハッピーになれるライブにしたいと思います。」
・湊あかね
「いままでの自分を超えるライブがしたいです。」
・水野まい
「いままでのライブで一番良かったと言って貰えるライブに絶対したいです!」
・岡村明奈
「(ツアーファイナルには)30代なので、いつもの30倍頑張りたいです!」
・沢口けいこ
「Zepp(Tokyo公演)までに、歌が上手くなっていたいと思います!」

◎【predia浴衣 party】
9月4日(日)Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE セットリスト
1.please please
2.東京スキャンダル
3.BABY KISS
4.Sunburned Heart
5.one more yesterday
6.BOROBORO ~この愛はボロボロになる運命なのか~
7.夏祭り(カバー)
8.Hey Now!!

◎【predia 6th Anniversary tour】
・10月10日(月・祝)東京 よみうり大手町ホール
・10月22日(土)名古屋 E.L.L
・10月29日(土)大阪 ESAKA MUSE
・11月13日(日)埼玉 HEAVEN'S ROCK 熊谷VJ-1
・11月23日(水・祝)千葉 柏PALOOZA
・12月28日(水)東京 Zepp Tokyo

取材&テキスト:古川泰佑

最終更新:9/6(火) 20:00

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]