ここから本文です

FE:プレシーズンシーズンテスト2回目がスタート。初日はベルニュ最速

オートスポーツweb 9月6日(火)11時51分配信

 5日、イギリス・ドニントンパークで2016/17シーズンのフォーミュラE、第2回プレシーズンテストが開幕。初日はジャン・エリック・ベルニュ(テチーター)がトップタイムをマークした。

 午前中のセッションでは、多くのチームが3台目、4台目のマシンをシェイクダウンを実施。午後の走行で本格的なタイムアタックが行われた。

 ベルニュはルノー製パワーユニットを搭載するテチーターのマシンを操り、自身の持つレコードタイムに0.006秒差に迫る1分29秒640を記録した。

「マシンは極めて快調だよ」とベルニュ。

「去年と比べて確実に望ましいポジションにいるから、満足している」

 2番手にはDSヴァージン・レーシングのサム・バードがつき、ベルニュとは約0.3秒差。3番手にはルノー・e.ダムスのニコラ・プロストが続いている。

 今回のテストでもラップタイムを追求していないというジャガーは、前回のプレシーズンテストも含めて自己最速の1分30秒713をアダム・キャロルが記録したほか、2台目を走らせるミッチ・エバンスとあわせ、75周を走行している。

 週末に行われたFIA世界耐久選手権(WEC)第5戦メキシコに出場していたセバスチャン・ブエミ(ルノー・e.ダムス)やステファン・サラザン(ベンチュリ)、ニュルブルクリンク耐久レース(VLN)に参戦するマーロ・エンゲル(ベンチュリ)は、午前の走行には不参加。そのため、ベンチュリはテスト初日の周回はわずか14周にとどまっている。

 フォーミュラE第2回プレシーズンテストは現地7日まで、ドニントンパークで行われる。

■2016/17フォーミュラE 第2回プレシーズンテスト初日 タイム結果
Pos./Driver/Team/Time
1/ジャン・エリック・ベルニュ/テチーター/1'29''640
2/サム・バード/DSヴァージン・レーシング/1'29''924
3/ニコラ・プロスト/ルノー・e.ダムス/1'29''970
4/ジェローム・ダンブロジオ/ファラデーフューチャー・ドラゴン・レーシング/1'30''013
5/セバスチャン・ブエミ/ルノー・e.ダムス/1'30''159
6/ダニエル・アプト/アプト・シェフラー・アウディ・スポート/1'30''200
7/アダム・キャロル/ジャガー・レーシング/1'30''713
8/ホセ-マリア・ロペス/DSヴァージン・レーシング/1'30''852
9/ニック・ハイドフェルド/マヒンドラ/1'30''885
10/マ・キンファ/テチーター/1'31''181
11/ルーカス・ディ・グラッシ/アプト・シェフラー・アウディ・スポート/1'31''231
12/ステファン・サラザン/ベンチュリ/1'31''538
13/アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ/MSアムリン・アンドレッティ/1'31''559
14/ミッチ・エバンス/ジャガー・レーシング/1'31''699
15/マーロ・エンゲル/ベンチュリ/1'32''371
16/ネルソン・ピケJr./ネクストEV NIO/1'32''493
17/フェリックス・ロゼンクビスト/マヒンドラ/1'32''694
18/ロイック・デュバル/ファラデーフューチャー・ドラゴン・レーシング/1'32''786
19/オリバー・ターベイ/ネクストEV NIO/1'33''183
20/ロビン・フラインス/MSアムリン・アンドレッティ/1'33''236


[オートスポーツweb ]

最終更新:9月6日(火)11時53分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。