ここから本文です

メルセデス、スタート問題の解決は「簡単ではない」責任追及より改善を優先

オートスポーツweb 9/6(火) 16:22配信

 今シーズンのF1でルイス・ハミルトンを悩ませているスタート時のクラッチの問題は「簡単に直せるものではない」とメルセデスが認めた。

ハミルトン「スタートは自分のミスではない」

 ハミルトンはオーストラリア、バーレーンでもスタートで出遅れた。オーストラリアではニコ・ロズベルグも同様の問題に見舞われており、親会社のダイムラーがクラッチのハードウエア最適化に取り組んでいることを、メルセデスモータースポーツのトップであるトト・ウォルフが4月に明らかにしている。

 しかし、この問題はシーズンを通して発生し続け、スペイン、カナダ、イタリアでもハミルトンがスタートに失敗。ハンガリーとドイツではロズベルグも苦戦することとなった。ハミルトンはスタートに関するトラブルを、以下のように語っている。 

「僕らが改善と学習をやめることはないが、今シーズンはクラッチにずっと悩まされていて、全員が懸命に取り組んでいる。簡単に直せるものではないため、次のレースですぐに、というわけにはいかない。改善はしてきたので、良いスタートが見られるときもあった。けれどもスタートするたびに、問題は不規則に発生する」

「スタートの練習は週末を通して行っていて、小さな違いしかないこともあれば、大きな違いが出ることもある。ニコが問題を抱えたこともあったし、僕が問題を抱えたこともあった。つまり、僕らはこれについて、取り組みを続ける必要があるということだ」

「火曜日は、まず間違いなくファクトリーで、この件について話をすることになる。残りの7レースでポールポジションからのスタートに苦しむことがないよう、できるだけ多くの情報を得て、学習したい」

 ハミルトンはスタートの手順は正しく行っており、ホイールスピンの原因はトルクが大きすぎたためであると主張。ウォルフは、スタートに関する問題の責任が、誰にあるかを追求することに興味はないと言う。

「このチームでは、私は誰のことも非難しない。ドライバーも、エンジニアもだ。非難したら、下降線をたどることになる。スタッフは保身に走り、マシン開発にベストを尽くすのではなく、保守的になっていく。とくに、この件では誰も非難されるべきではない。いろいろな要素の組み合わせで起きたことだ」

「昨年ルールに変更があった(ダブルクラッチからシングルクラッチスタートへ)。だから、この問題で責任を追求したくはない。すべてのデータを洗いなおし、問題を避けるために何が必要かは、内部で通達する。誰を非難するかではない。チームはともに勝ち、負けるものだ。いまのところ、この問題では負けているね」

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/6(火) 16:27

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]