ここから本文です

七人の侍、荒野の七人のリメイク作『マグニフィセント・セブン』ド派手な予告解禁

クランクイン! 9/6(火) 9:00配信

 黒澤明監督の1954年の代表作『七人の侍』、そしてこの作品の舞台を西部開拓時代のメキシコに移してハリウッドリメイクされた1960年の名作ウェスタン『荒野の七人』を原案としてリメイクされた映画『マグニフィセント・セブン』(2017年1月27日公開)より、アクション満載の予告編とポスタービジュアルが解禁となった。

【関連】「クリス・プラット」フォトギャラリー


 本作の監督は『トレーニング デイ』『イコライザー』『サウスポー』など、重厚な男たちのドラマを描いてきたアントワーン・フークア監督、主演はデンゼル・ワシントン、そして『ジュラシック・ワールド』のクリス・プラット、イーサン・ホーク、イ・ビョンホンなど、国際色豊かな豪華キャストが集結。ワシントン、ホーク、フークア監督は『トレーニング デイ』以来15年ぶりのタッグとなる。

 黒澤明監督へのリスペクトを込め、彼の命日である9月6日に解禁となった予告は、無慈悲にも街を荒らされ嘆く女性のセリフから始まる。主演のサム(ワシントン)は女性に「復讐を望む?」と問うと女性は「正義。復讐は手段よ」と決意の眼差しを向けている。次のカットでは、まさにウェスタン映画らしく、サムの華麗な銃さばきが目を惹く。そしてHeavy Young Heathens の「House of the Rising Sun」がクールに流れる中、「ド派手にやろうぜ」のセリフ通り、猛烈な銃撃戦、爆発、ナイフさばきなど、怒濤のアクションシーンが連発。

 賞金稼ぎ、ギャンブラー、スナイパー、ハンター、暗殺者、流れ者、戦士。個性豊かな7人のアウトローたちが、彼らの流儀で悪を裁いていく姿が映し出される。ストーリーの詳細は未だ謎に包まれている本作。トロント映画祭でのオープニング上映、ヴェネツィア映画祭でのクロージング上映も決定しており、早くも世界的な注目集めている。

最終更新:9/6(火) 9:00

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]