ここから本文です

『007』シリーズ、ダニエル・クレイグに155億円のボンド続投オファーか

クランクイン! 9/6(火) 11:40配信

 6代目ジェームズ・ボンド役の俳優ダニエル・クレイグが続投しない可能性が出てきたため、次期ボンドを演じる俳優の予想合戦が始まっている人気スパイシリーズ『007』。ダニエルが再びボンドを演じる可能性は低いと見られていたが、ここに来て米ソニー・ピクチャーズがダニエルに1億5000万ドル(約155億円)のギャラをオファーしたと伝えられた。

【関連】「007」歴代ジェームズ・ボンドの活躍をフォトで振り返る!


 情報筋が「スタジオ側は長期にわたって(ボンド役を)務められる若い後継者を迎えるステップを踏みつつ、ダニエルを確保することに必死です」とRadar Onlineに話したという。再びボンドを演じるなら“手首を切る”方がましとインタビューで語ったダニエルだが、スタジオの上層部がダニエルを気に入っていることは周知の事実で、シリーズの重要な時期に彼を失うことは何が何でも避けたいというのが上層部の意見らしい。

 「滞りなく安全に主演交代する要がダニエルであると、ソニーや『007』関係のお偉方は考えています。そのため莫大な額の大金を払う覚悟です」と、情報筋は続けている。

 5月には6800万ポンド(約70億円)で『007』シリーズ2作品に出演するというオファーを断ったと伝えられたダニエル。ギャラ・アップが心情の変化をもたらすことになるのか、続報が楽しみだ。今回の報道に対して、ソニーやダニエル側からは事実の有無についてコメントは出ていないそうだ。

最終更新:9/6(火) 11:40

クランクイン!