ここから本文です

台風13号:最接近は沖縄本島で夜の初めごろ 暴風の恐れも 久米島まもなく強風域

沖縄タイムス 9月6日(火)12時45分配信

 台風13号の影響で、午後0時20分現在、先島諸島ではすでに強風域に入っており、久米島が、昼ごろ強風域に入る。沖縄本島は昼過ぎから夕方にかけて強風域に入る恐れがある。最接近は久米島には6日夕方ごろ、本島で夜の初めごろ。台風の進路や発達によっては暴風となる恐れもある。
 本島地方では非常に強い風が吹き、沿岸の海域では大しけとなる見込みで、沖縄気象台は、高波に警戒し、非常に強い風に十分注意するよう呼び掛けている。

 沖縄地方には、発達した雨雲がかかり、雷を伴い激しい雨が降っている。7日にかけて1時間に60ミリ以上の非常に激しい雨が降り、7日正午までの24時間雨量は、多いところで200ミリの見込み。宮古島地方は1時間に90ミリの猛烈な雨の降る恐れがある。
 本島地方では6日昼過ぎから7日朝にかけて非常に強い風が吹く見込みで、6日の最大風速は23メートル、宮古島・石垣島地方で15メートルの見込み。
 沿岸の海域では、うねりを伴いしけている。本島地方では6日夕方から大しけとなる見込みで、6メートルの高い波となる恐れ。

 同日午前9時現在、台風の中心気圧は1002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心から東側170キロ、西側130キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。【沖縄タイムス+プラス編集部】

最終更新:9月6日(火)13時0分

沖縄タイムス