ここから本文です

合同の合唱練習で交流 富山・小見小と福沢小の児童

北日本新聞 9月6日(火)18時29分配信

 富山市小見小学校と同市福沢小学校の児童による合同の合唱練習会が6日、小見小学校で開かれ、両校の全校児童53人が息の合った歌声を響かせた。

 合唱を通して交流を深めてもらおうと企画。作曲家の中山真理さん(東京)を招いて、中山さん作詞作曲の「ねえ歌おう」の練習に取り組んだ。

 「隣の人に語り掛けるようにささやいて」「昔の人の気持ちに想像してみよう」などとアドバイスを受けながら、中山さんの伴奏に合わせて練習。子どもたちは、歌詞の意味を考えながら、伸びやかに歌い上げた。

 吉川千咲子さん(福沢小6年)は「曲に込められた思いが伝わってきた。自分たちなりにしっかりと表現していきたい」と話した。

 練習した曲は、10月26日に市大沢野文化会館で開かれる第4区域小学校連合音楽会で発表する。

北日本新聞社

最終更新:9月6日(火)18時29分

北日本新聞