ここから本文です

SiM×NOISEMAKER、札幌で激突! セレクトショップの10周年を祝う熱狂の2デイズ

RO69(アールオーロック) 9/6(火) 12:15配信

8月30日~31日の2日間に渡り、「A DOG HOUSE」SiM×NOISEMAKER 2MAN SHOWがDUCE SAPPOROにて行われた。

これは、札幌のセレクトショップA.dore(アドア)の10周年を記念して開催されたもので、両バンドがインディース時代からA.doreと親交が深いことから出演が決定した。

DAY.1のトリはNOISEMAKER。新譜『ROAR』のリード曲である“Flag”、続けざまに“Mouse Trap”を放った。身体に突き刺さる様なHIDE(G)のリフにYU-KI(B)のうねるようなベースライン、UTA(Dr)の跳ねるようなスネアが絡み合い、AG(Vo)のシャウトと共に全てが解き放たれ会場は2曲目にして灼熱となる。

ここでAGの「今日は伝説を作りにここに来た。明日を越えられない1日にしようぜ!」の号令とも言える言葉とともにミニアルバム『NEO』より“Her Diamond”をドロップ。MCでは、A.doreとの思い出を語る。「気づけばこんな腐れ縁になると思いませんでした。俺たちは2年前に東京に出て来たんで、その時に住んでいた家ももう無いんですよ。そんな俺たちが札幌に帰った時は真っ先に帰る家みたいな、本当に心の拠り所です。いつだって心は繋がってるし、こうやって帰って来るし。そんな大切な場所、大切なふるさと、大切な記憶のある人へ、そしてA.doreへ。」とMCからメジャー移籍した彼らを代表する曲、“Home”のイントロが始まり、AGの歌声と観客のシンガロングが一体となった。

最後に選んだ曲は今日と言う日に色々な思いが込められたであろう“One Way Letter”。観客はそれぞれの“One Way Letter”を胸に秘め大合唱となった。

鳴り止まぬ歓声の中、再び登場したNOISEMAKER。AGの「滅多にやるもんじゃないとは思いますけど、この2日間めちゃくちゃヤバい日を作ればSiMもA.doreのみんなもオリンピックに併せてまたやろうよってなるかもしれない。あと2曲! 全力でかかってこいよ!」の言葉に歓声が湧き、“PLATINUM SHOES”と“SOMEBODY WANTS DAYS YOU CLOSE”を披露した。


DAY.2のトリはSiM。妖艶な照明の中、現メンバーで初めてリリースした“ANTHEM”からの始まりで会場は瞬く間に大合唱となった。最後にMAHが高らかにシャウトしたかと思うとまさかのSiMの代表曲とも言える“KiLLiNG ME”、MAHの「モンキーダンスしようぜ!」の煽りからSKAナンバーの“GUNSHOTS”で300人の腕が上下に大きく揺れ動く。

「SiMはライブの日もOFFの日も基本単独行動でメンバーで飯に行ったりなんて全然しないんだけど、そんな俺らがですよ? 待ち合わせている訳でも無いのに自然とA.doreに集まる。簡単に言うとそう言う場所と人達なんだ。そんなA.doreのみんなともNOISEMAKERのみんなとも会ったのは2009年。ある曲のリリースツアーでした。色々言いたいことはあるけどこの曲をやるのが一番伝わると俺は信じている。その時の曲から2曲。まずは“Murderer”」

大歓声の中、Dr.GODRiがスティックをハイハットへ振り下ろす。MAHの圧巻のパフォーマンスで自分があたかも曲中に居るかの様な錯覚に陥り観る者全てを引きずり込む。そして“Set Me Free”と続き会場はクラウドサーフの嵐となった。ライブの途中、会場内に火災報知器が鳴り響く。余りの熱量に誤作動を起こしたようだ。今回のライブのタフな状況を物語っている。

「今回のイベントは昨日今日決まったものじゃないんだよね。出会ってすぐの7年前にさ、10周年までA.doreはイベントやんないから。そんときは出てよ! って。昨日今日でその約束を果たすことが出来て本当に嬉しい。でも、大事なのって結果じゃなくて、まだ見ぬ未来の事を笑顔で語り合えた。そう言う関係でずっとずっと居られたこと。幸せだなって思います。もし良ければ20周年もSiM、NOISEMAKERそしてA.doreの3マンをやりたいなと思います。それまでみんながんばります。そん時はみんな来てよ!! 大切な曲を送ります」と語り、“Same Sky”を披露した。

ラストは“Blah Blah Blah”。MAHの「俺も振り絞るからさ! お前らも死ぬ気で来いよ!」の煽りから先程のシンガロング以上の熱量とクラウドサーフの嵐で会場はカオス状態に。アンコールで再び登場したMAHが「店の宣伝を考えたらさ。広いところでやったら良いと思うの。でもさ、こう言う雰囲気。バンドの熱量を一番感じられるこの距離。ライブハウスはこれが当たり前だからね。そう言うのをみんなに知って欲しくてこの会場を選んだと思うんだ。おかげでこんだけキツいライブになったけど(笑)みんなはここでしか味わえないことを教えてくれたA.doreに感謝して欲しいし、2日間併せて600人しか来られ無かった分、みんなにはそれを伝えて他の人に分け与えて欲しいんだ。宜しくお願いします。そんな感じかな。こんなクソ疲れてるのに早口の曲を歌うの嫌なんですけど……“JACK.B”と言う曲を!」というMCから、この2日間合わせて一番のクラウドサーフがそこかしこと起こり会場は暴動の様な状態になった。

3者の関係性が無ければ起こりえない奇跡の2日間。2度と無いと主催のA.doreは語っていたがMAHとAGのMCに何かを期待させられる。なお、本イベント限定で販売した両バンドとコラボしたオフィシャルTEEが問い合わせ殺到のため、本日20:00より、24時間限定で予約販売される。

詳しくはA.doreの公式サイトに掲載中。

公式サイトはこちら。
http://adore-snowcity.com

●セットリスト
8月30日 NOISEMAKER setlist
1 Flag
2 Mouse Trap
3 Her Diamond
4 Point of Origin
5 Rude Boy
6 Minority
7 Home
8 DRIFTING CLOUDS
9 Butterfly
10 One Way Letter
EN1 PLATINUM SHOES
EN2 SOMEBODY WANTS DAYS YOU CLOSE

8月31日 SiM setlist
1 ANTHEM
2 KiLLiNG ME
3 GUNSHOTS
4 Amy
5 Murderer
6 Set Me Free
7 MAKE ME DEAD!
8 Dance In The Dark
9 Same Sky
10 EXiSTENCE
11 Blah Blah Blah
EN1 JACK.B
EN2 f.a.i.t.h

RO69(アールオーロック)

最終更新:9/6(火) 12:15

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]