ここから本文です

東京の企業が白浜進出

紀伊民報 9月6日(火)16時46分配信

 基盤ソフトウエアの開発やシステム開発受託を手掛ける「NECソリューションイノベータ」(東京都)が、和歌山県白浜町にサテライトオフィスを置くことになった。操業は来年3月の予定。

 町と県が6日に発表した。井澗誠町長と仁坂吉伸知事、同社の杉山清代表は8日、県庁で進出協定書に調印する。

 同社は白浜町のITビジネスオフィスに拠点を置き、内勤営業を展開する。地元雇用も計画しているという。オフィスの改修などに約1700万円を投資する。総務省の「ふるさとテレワーク推進事業」にも採択された。

 ITビジネスオフィスには現在、9社が入っていて、2階の共有スペース(約60平方メートル)を除くと「満室」になっていた。NECソリューションイノベータは、この共有スペースにオフィスを置く。

 町総務課によると、ITビジネスオフィスは企業誘致の先進事例として全国的にも認知度が高まっており、問い合わせや視察も多い。町では今後も都市部からの企業進出に応えられるよう、「第2のオフィス」をつくることなどを検討している。

最終更新:9月6日(火)16時46分

紀伊民報