ここから本文です

松本薫選手がゲストランナー、金沢マラソン 「地元に感謝し走る」

北國新聞社 9月6日(火)2時52分配信

 リオデジャネイロ五輪の柔道女子57キロ級で銅メダルを獲得した松本薫選手(28)=金沢市出身、金沢学院高OG、ベネシード=が、10月23日に開催される第2回金沢マラソンにゲストランナーとして参加することが決まった。五輪2大会連続のメダリストが42・195キロのフルマラソンに挑むのは初めてとなる。

 松本選手から「自分への挑戦と、地元の方への感謝の気持ちを込めて走りたい」と申し出があった。大会組織委員会は参加者や沿道で応援する市民らとふれあいながら、楽しんで走ってもらうため、ゲストランナーに選んだ。

 金沢市は6日、市役所で松本選手に市スポーツ優秀選手表彰特別賞を贈る。表彰式終了後に山野之義市長が松本選手に名前入りのゼッケンを手渡す。松本選手は金沢市スポーツ大使で、金沢マラソンを盛り上げる「アンバサダー(広報大使)」も務めている。

 金沢マラソンは石川県、金沢市、北國新聞社などで構成する組織委が主催する。

 加賀染振興協会は6日、市役所で松本選手に加賀友禅の訪問着を贈呈する。加賀友禅作家の藤村建雄氏が制作した。

北國新聞社

最終更新:9月6日(火)2時52分

北國新聞社