ここから本文です

トップシニア集結、コマツオープン 8~10日、小松CC

北國新聞社 9/6(火) 2:52配信

 ゴルフのPGAシニアツアー「コマツオープン2016」(コマツ主催、公益社団法人日本プロゴルフ協会主管、北國新聞社など後援)は8~10日、小松市木場町の小松CC(6917ヤード、パー72)で行われる。

 賞金総額6千万円(優勝賞金1200万円)。PGA会長の倉本昌弘、昨年覇者の崎山武志をはじめ、中嶋常幸、尾崎健夫、尾崎直道、高橋勝成、芹澤信雄、湯原信光、羽川豊、崎山とともに今季2勝の真板潔、室田淳らのトップシニアが顔をそろえ、10回目を迎える今年も北陸のファンを沸かせる熟練のプレーが期待される。

 コマツは1990年から支援してきたシニアツアーの発展を願い、9年前に主催競技会として、コマツ発祥の地である小松市の小松CCで「コマツオープン」をスタートさせた。

 アマを含め72選手が出場、予選カットなしの54ホールズストロークプレーで争われる。8、9日は午前8時半、10日は同8時に第1組がスタートする。

 当日券は1500円で、65歳以上と高校生以下は無料。大会は北國新聞社のほか、公益財団法人日本ゴルフ協会、石川県、小松市、小松商工会議所、一般社団法人こまつ観光物産ネットワーク、テレビ金沢が後援する。

北國新聞社

最終更新:9/6(火) 2:52

北國新聞社