ここから本文です

W杯予選、アルバニア対マケドニアが豪雨で中止 残り時間は翌日に持ち越し

SOCCER KING 9月6日(火)12時21分配信

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選グループG第1節が行われ、アルバニア代表とマケドニア代表が対戦した。

 試合は開始早々の9分に動く。右サイドからのロングボールをエリア付近中央でアルマンド・サディクが収めると、相手DFを鋭い切り返しでかわして右足でシュート。ボールはゴール左下に吸い込まれ、ホームのアルバニアが先制した。

 後半に入って51分、1点を追うマケドニアが反撃。敵陣中央で相手のパスミスを奪ったエグジャン・アリオスキがエリア付近左まで持ち込むと、思い切り良く左足を振りぬく。ボールはゴール左に決まり、試合を振り出しに戻した。
 
 しかしながら、残り時間が15分を切ったところで豪雨により試合は中断。その後も再開の目処が立たず、1-1のまま試合は中止となった。

 なお、残り15分間は翌6日に開催されることとなった。

 次節は10月6日、アルバニアは敵地でリヒテンシュタイン代表と、マケドニアはホームでイスラエル代表と対戦する。

【スコア】
アルバニア代表 1-1(75分まで終了) マケドニア代表

【得点者】
1-0 9分 アルマンド・サディク(アルバニア代表)
1-1 51分 エグジャン・アリオスキ(マケドニア代表)

SOCCER KING

最終更新:9月6日(火)12時21分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。