ここから本文です

「やっと入ってよかった」 浅野拓磨、貴重な追加点は「気持ちで押し込んだ」

SOCCER KING 9/6(火) 23:49配信

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の第2戦が6日にタイ・バンコクで行われ、日本代表はタイ代表を2-0で下し、同予選初白星を挙げた。

 先発起用に応え、後半に貴重な追加点をマークした浅野拓磨(シュトゥットガルト)は試合後、「気持ちで押し込みました」とゴールを振り返った。

 初戦のUAE(アラブ首長国連邦)代表戦で後半途中からピッチに立った浅野は、同点ゴールかに見えるシュートを放ったが、主審にゴールラインを割っていないと判断され、チームは1-2で敗戦。周囲は判定への不満を口にしたが、自身は「シュートミス」と悔やんでいた。

 だが、勝利が必須のタイ戦で先発に抜擢されると、1-0で迎えた76分、浮き玉のパスに反応し、DFがコントロールミスしたボールをカット。このままエリア内に侵入し、右足でシュートをねじ込んだ。

「ハセさん(長谷部誠)がいいボールを出してくれたんで。まあ、僕の動き出しのタイミングとちょっと合わなかったですけど、グラウンドも悪かったですし、自分の中ではボールを触ったらなんとかなるかなと思って。シュートは気持ちで押し込みましたし、やっと入って良かったなという感じです」と得点シーンについて言及し、安堵の表情を浮かべた。

 続けて、「これだけすごい(アウェーの)雰囲気の中でプレーできたのは僕自身幸せだなとは思います。アウェーでもこんな雰囲気でできて良かったなとは思います」と貴重な経験になったと話した一方、「もっともっと早くゴールも決められたと思いますし、試合が決まったと思うので、そこは課題としてやっていかないといけないなと思います」と、今後へ向けた課題も口にしている。

 日本代表は10月6日にホームで行われるW杯アジア最終予選の第3戦でイラク代表と対戦する。

SOCCER KING

最終更新:9/7(水) 2:07

SOCCER KING