ここから本文です

初勝利も決定力不足に危機感 ハリル「メンタルをもっと鍛えないと」

SOCCER KING 9/6(火) 23:58配信

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の第2戦が6日にタイ・バンコクで行われ、日本代表はタイ代表と対戦し、2-0で勝利を収めた。

 ホームで行われた初戦でUAE(アラブ首長国連邦)代表にまさかの逆転負けを喫して黒星スタートとなった日本。中4日で迎えた敵地での第2戦で勝ち点3を手に入れたことで、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「この試合は心理的にコントロールするのが難しかった。1試合目のあと、ものすごいプレッシャーからなんとか脱しないといけない状況でした」と振り返った。

 ハリルホジッチ監督は初戦からスタメンを3名変更。その采配が的中し、先発に抜擢した2名が得点で期待に応えた。18分、FW原口元気が右サイドからのクロスをダイビングヘッドで合わせて先制。76分には、ロングパスに抜け出したFW浅野拓磨が追加点を奪った。「若さとフレッシュさ、競争をもたらそうと思った」と原口と浅野の起用理由を明かしたものの、「彼らも良かったが、チームをほめて欲しい」と語った。

 しかし、その一方で「こんなに決定機を作ったから、もっと取れた」と多くのチャンスを作りながらも、FW本田圭佑やMF香川真司らが決定力を欠いた点を指摘。「メンタル面をもっと鍛えないといけない。(今後は)こんなに決定機はないと思う」と危機感を募らせた。

 日本代表は10月6日にホームで行われるW杯アジア最終予選の第3戦でイラク代表と対戦する。

SOCCER KING

最終更新:9/7(水) 2:12

SOCCER KING