ここから本文です

不可解?森重、空気圧チェック要求にイエローカード

ゲキサカ 9月6日(火)22時2分配信

[9.6 W杯アジア最終予選 タイ-日本]

 6日に敵地で行っているロシアW杯アジア最終予選のタイ戦で日本代表DF森重真人がイエローカードを受けた。

 前半23分、森重はモフセン・トーキー主審に対し、ジェスチャーでボールの空気圧をチェックするように要求。トーキー主審は試合を止めて、空気圧をチェックした。しかし、問題ないと判断した同主審は、ボールを交換せずに試合を再開。さらに森重にはイエローカードが提示された。遅延行為と判断されたものとみられる。

 トーキー主審は11年1月のアジア杯の日本対シリア戦で笛を吹いた際にGK川島永嗣が一発退場となるなど、何かと因縁深い審判だ。今大会初戦のUAE戦の“誤審騒動”でナーバスとなっている日本だけに、この不可解とも言える判定直後にはバヒド・ハリルホジッチ監督も第4審判に詰め寄る姿がみられた。

最終更新:9月7日(水)4時33分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報