ここから本文です

浅野、今度こそ“正真正銘”のゴールだ! 相手を突き放す2点目奪取「やっと入って良かった」

ゲキサカ 9月6日(火)23時27分配信

[9.6 W杯アジア最終予選 日本2-0タイ バンコク]

 今度こそ“正真正銘”のゴールを決めてみせた。後半30分、MF長谷部誠がゴール前に送ったボールを相手DFがクリアミス。足を高く上げた相手に対し、臆せず詰めていたFW浅野拓磨がそのボールを奪い、右足シュートを強引にねじ込んだ。

 1-2で逆転負けを喫した1日のUAE戦。後半32分に訪れた絶好の同点機は主審の誤審で認められなかった。DF酒井宏樹の右クロスを逆サイドのFW本田圭佑が頭で折り返し、浅野が左足ボレー。相手GKが左手で弾き出すも、その前にボールはゴールラインを越えていた。しかし、副審も主審もゴールインを認識できず、ノーゴールの判定となった。

「あそこは自分のシュートミス。ノーゴールは仕方ない」。そうUAE戦の翌日に振り返っていた浅野は、「次の試合が来たら絶対に決めるという強い気持ちで臨みたい」と、この試合に闘志を燃やしていた。その言葉通り、6月7日のキリン杯決勝ボスニア・ヘルツェゴビナ戦以来となる先発でのチャンスが巡ってくると、1-0の後半30分に6月3日のキリン杯準決勝ブルガリア戦以来となる得点を挙げ、勝利に大きく貢献した。

「はせさんがいいボールを出してくれたので。僕の動き出しのタイミングとちょっと合わなかったですけど、グラウンドも悪かったですし、自分の中ではボールに触ったら何とかなると思っていた。シュートは気持ちで押し込んだ。やっと入って良かった」

 試合後のインタビューでホッとした表情を見せた浅野。「一戦目も勝たないといけない試合だった。応援してくれているみなさんだったり、チームメイトに申し訳なかったという気持ちが強かった。僕自身も悔しかったので、僕たちには残り試合勝ちしかないですし、その新たなスタートして『今日は絶対に勝とう』とチームでも話していたので、まずは勝ち点3を取れて良かった」と、W杯アジア最終予選の初勝利を喜んでいた。

最終更新:9月7日(水)11時48分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]