ここから本文です

決定機に空振り…精彩欠くも本田「最低限のノルマは達成」

ゲキサカ 9月6日(火)23時46分配信

[9.6 W杯アジア最終予選 タイ0-2日本]

 敵地で日本代表はタイ代表を相手に2-0で勝利し、W杯アジア最終予選初勝利を挙げた。MF本田圭佑はゴール前で空振るなど精彩を欠いたが、「しっかり勝つことが大事だった。最低限のノルマは達成できたからよかった」とまずは結果に安堵した。

 ただ、バヒド・ハリルホジッチ監督も嘆いたように決定機のカズを考えれば、物足りない内容であったことも確かだ。本田は修正点について、「全体的には反省するところも多かった」と指摘。「前の試合よりは良かったんですけど、試合をコントロールする場面、あまり前に慌てすぎず行かない場面は、こないだの試合よりも少し改善できていた。ただ、この点は全体的に選手が成長して読んでいかなければならない」と話した。

 1勝1敗で船出した日本。W杯への道は始まったばかりだ。次戦は来月6日にホームに2連敗スタートとなったイラクを迎える。本田は次戦に向けて「僕自身もコンディションさらに上げて次に臨みたい」と意気込んだ。

最終更新:9月7日(水)2時5分

ゲキサカ