ここから本文です

アストンマーティン「新型DB11」がニュージーランドで行われた氷上試乗イベントでアジア太平洋デビュー

オートックワン 9/6(火) 10:44配信

アストンマーティン「新型DB11」が、ニュージーランドで初開催された壮大なスケールの氷上をドライブする「On Ice」プログラムに登場し、アジア太平洋地域でデビューを果たした。このイベントでは、ニュージーランドの広大な自然の下で、世界中から参加した合計50人の参加者が、新型DB11を含む最新のアストンマーティン・ラインナップのスリリングなドライビングを楽しんだ。

このニュースのフォトギャラリー

2016年4月に開催が発表された「New Zealand On Ice」は、世界中の参加希望者からかつてない大きな反響を呼び、参加枠はすぐに予約で埋まってしまったという。

「New Zealand On Ice」は、アストンマーティンによる「Art of Living」プログラムの下で提供される最初のイベント。このプログラムは、最先端のテクノロジー、アイコン・デザイン、卓越したクラフツマンシップによる製品ラインナップと、真にビスポークなパーソナライゼーション・プログラムを実現するアストンマーティンの伝統を体験してもらう、稀有な機会を提供するものである。

参加者は、8月22日~28日に実施されたイベントで、「南半球走行試験場」の氷上走行施設に設営された雪と氷に覆われた様々なコースにおいて、アストンマーティン・スポーツカーのドライブを体験。プロのインストラクターによる指導の下、参加者はドライビング・スキルに磨きをかけ、アストンマーティン・ラインナップのダイナミックなパフォーマンスを堪能した。

なお、2017年にも同様のプログラムが開催される予定になっている。

アストンマーティン・アジア・パシフィック社長のパトリック・ニルソン氏は、「アストンマーティン DB11は、輝かしいDBの血統を受け継ぐ、きわめて重要なモデルです。今回のイベントでは、DB11がアジア太平洋地域でダイナミックなデビューを飾り、非常にユニークな環境で、お客様にこのパワフルなニューモデルを体験していただくことができました。DB11の最初のドライビング・インプレッションを聞き、ステアリングを握ったお客様の喜びの表示を見ることができて、大変嬉しく思っています。また、このイベントは、氷点下のニュージーランドにおいて、クルマが問題なく走行できるという、弊社の包括的なエンジニアリング・プログラムの優秀性を証明するものでもあります。DB11には、アジア太平洋地域全体から、かつてない程の大きな期待が寄せられています。この需要は、2017年を通して続くと期待されています」と述べた。

アストンマーティンの新時代のデザインを予見させるDB11は、DB2/4、DB5、そして最近ではジェームズ・ボンドのために特別に開発されたDB10と続いてきた、伝統の系譜を受け継ぐ最新のランドマーク・モデルで、DB11には、新鮮なデザイン・シグネチャーが散りばめられ、形態と機能の新たな関係を創造している。

アストンマーティンの方程式に則り、DB11のエンジンはフロントのボンネット下に搭載される。一方、他のモデルとは異なり、DB11の心臓部には、新開発された5.2リッターV12ツインターボ・エンジンが搭載される。

自社設計されたこの新エンジンは、608PSの最高出力と700Nmの最大トルクを発生。このエンジンを搭載するDB11は、史上もっともパワフルなロードゴーイングDBである。DB11は、0-100km/h加速はわずか3.9秒、最高速度は322km/hに達し、ダイナミクスと加速の点でもDB史上最速となる。

DB11のメーカー希望小売価格は、2380万円から。日本でのDB11の納車は、2016年末からを予定している。

最終更新:9/6(火) 10:44

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。