ここから本文です

スズキ、『MotoGP』で9年ぶり優勝!ビニャーレスが圧巻の走りでイギリスGPを制す!

オートックワン 9/6(火) 10:54配信

9月4日、イギリスのシルバーストーンサーキットで行われた二輪車レースの最高峰「FIM※ロードレース世界選手権(MotoGP)」の第12戦において、MotoGPクラスに参戦するチームスズキ エクスターの「GSX-RR」に乗るマーベリック・ビニャーレス選手が自身初となるMotoGPクラス優勝を果たした。

このニュースのフォトギャラリー

スズキのMotoGPでの優勝は、2007年5月の第5戦フランスGP以来、9年3ヶ月ぶりとなり、2015年にMotoGP復帰後初優勝となった。

※FIM(国際モーターサイクリズム連盟)

決勝日は、前日の予選での雨も上がり、路面が乾いた状態でレースが行われた。レースは、予選を3位で通過し最前列からスタートしたビニャーレス選手が、1周目でトップに立ったところで、他ライダーの接触事故により中断再スタートとなった。再スタート後もビニャーレス選手は1周目からトップに立つと、速いペースで2位以降を徐々に引き離して独走状態に入り、2位におよそ3.5秒の差をつけてチェッカーフラッグを受けた。

この結果を受け、ビニャーレス選手はシーズン累計ポイントランキングで4位に浮上した。またチームメイトのアレイシ・エスパルガロ選手は7位入賞を果たした。難しいレースコンディションの中、一丸となってマシンセッティングに取り組んだチームスズキ エクスターは、チーム力と「GSX-RR」の性能の高さを発揮して、初優勝を獲得した。

リザルト

(1)#25 M.ビニャーレス(スズキ)

(2)#35 C.クラッチロー (ホンダ)

(3)#46 V.ロッシ (ヤマハ)

(4)#93 M.マルケス (ホンダ)

(5)#26 D.ペドロサ (ホンダ)

(6)#4 A.ドビジオーゾ (ドゥカティ)

(7)#41 A.エスパルガロ (スズキ)

(8)#99 J.ロレンソ (ヤマハ)

(9)#9 D.ペトルッチ (ドゥカティ)

(10)#19 A.バウティスタ (アプリリア)

(11)#68 Y.エルナンデス (ドゥカティ)

(12)#50 E.ラバティ (ドゥカティ)

(13)#22 A.ロース (ヤマハ)

(14)#8 H.バルベラ (ドゥカティ)

(15)#53 T.ラバト (ホンダ)

(16)#43 J.ミラー (ホンダ)

(17)#45 S.レディング (ドゥカティ)

(RT)#29 A.イアンノーネ (ドゥカティ)

(RT)#6 S.ブラドル (アプリリア)

(RT)#76 L.バズ (ドゥカティ)

(RT)#44 P.エスパルガロ (ヤマハ)

最終更新:9/6(火) 10:54

オートックワン