ここから本文です

力と技、発揮へ決意 岩手国体選手が結団式

愛媛新聞ONLINE 9月6日(火)8時23分配信

 4日から会期前競技が始まった岩手国体に出場する選手の結団式・壮行会が5日、愛媛県武道館で行われ、選手や監督ら286人が本番に向けて意気込みを新たにした。
 10月1日の開会式で旗手を務めるフェンシング少年女子の白峰杏香選手(18)=三島高=が団旗を受け取り、選手団を代表してテニス成年男子の佐野紘一選手(27)=伊予銀行=が「私たちの力と技が愛媛から岩手へ、そして世界へと広がっていくことを信じて、希望郷岩手の地で力強く表現します」と宣誓した。
 岩手国体には、特別競技を含む35競技に686人(選手・監督646人、役員40人)が参加する。

愛媛新聞社

最終更新:9月6日(火)8時23分

愛媛新聞ONLINE

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。