ここから本文です

韓進海運船舶、シンガポールやハンブルクに寄港へ-貨物陸揚げで

Bloomberg 9月6日(火)11時17分配信

韓国海運最大手の韓進海運は、 航行中の船舶を寄港させ、積載貨物の荷揚げを目指している。韓国政府が明らかにした。同社の法定管理申請に伴う世界的なサプライチェーンの混乱を政府は抑えようとしている。韓進海運の株価は、政府融資を受けるとの聯合ニュースの報道を受けて大幅上昇。

韓進海運の船舶はシンガポールやドイツのハンブルク、韓国の釜山などに寄港する。企画財政省の崔相穆(チェ・サンモク)次官が5日、ソウルで明らかにした。それぞれの現地規則から判断すると、これらの港で同社船舶が足止めにされる可能性は低いという。韓国金融委員会(FSC)によると、韓進海運ではコンテナ船61隻を含む79隻の運航が滞っている。

韓進海運は先週の法定管理申請後の債権者の法手続きで同社の船舶が差し押さえられないように43カ国で中止命令を求めている。法定管理申請で同社の貨物船は航行途中で立ち往生し、年末商戦を控えて企業のサプライチェーンも混乱した。同社船舶の寄港はLG電子などの顧客が自社製品や他の貨物を陸揚げし、他の船舶や陸上での輸送に切り替えることが可能になる。

一方、聯合ニュースが6日、情報源を明示せずに伝えたところによると、韓国与党セヌリ党と政府は韓進海運に1000億ウォン(約93億円)の融資を供与する。また、韓進海運を傘下に置く韓進グループが同社の大口債権者である韓国産業銀行と金融支援や担保について協議を進めていると、同グループを引用して韓国紙アジア経済が報じた。

原題:Hanjin Seeks to Steer Stranded Ships to Singapore, Hamburg (1)(抜粋)

3、4段落目を追加して更新します.

Nicholas Brautlecht, Kyunghee Park

最終更新:9月6日(火)13時14分

Bloomberg