ここから本文です

ロシア最大級のポータルサイト、約1億件のアカウント情報を盗まれていたと発覚

CNET Japan 9月6日(火)10時30分配信

 過去のハッキング事件が次から次へと発覚する中、ロシアのインターネットポータルおよび電子メールプロバイダーのRambler.ruがその最新の事例になった。

 内部顧客データベースのコピーを入手した流出情報検索サイトのLeakedSourceによると、この攻撃は2012年2月17日に発生したという。

 そのデータベースには9810万件以上のアカウントが保存されており、それらのアカウントにはユーザー名や電子メールアドレス、ソーシャルアカウントデータ、パスワードが含まれていたと、LeakedSourceはブログ記事で述べた。ほかの大規模なデータ侵害事件と異なり、これらのパスワードは、暗号化されていない平文で保存されていた。つまり、同社の関係者なら誰でも簡単にパスワードを見られる状態にあった。

 今回と同規模のデータ侵害で、平文のパスワードが使われていたことが明らかになった最後の事例は、ロシアのソーシャルネットワーキングサイトVK.comだ。このときは、1億7100万件のアカウントが盗まれた。

 2012年にLinkedInとLast.fm、2013年にMySpaceとTumblrが大規模なデータ侵害の被害に遭ったが、今回、Rambler.ruもそのリストに名を連ねることになった。

 LeakedSourceによると、同サイトはこのデータ侵害を既に確認済みで、検索可能なデータベースにキャッシュを追加したという。

 Rambler.ruは世界最大級のウェブサイトで、ロシアで最も訪問者の多いウェブサイトの1つ。1996年に創設された。検索やニュース、電子メール、広告を提供しており、ロシアのインターネット界の巨人だ。YandexやMail.ru(VK.comも傘下に持つ)と競争を繰り広げている。Mail.Ruは2016年に2度のハッキング被害に遭い、メディアを賑わせた。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:9月6日(火)10時30分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]