ここから本文です

顔を自動追尾してビデオ撮影できるスマホ用マウント「Picbot」--パノラマ写真にも

CNET Japan 9月6日(火)13時0分配信

 スマートフォンでポーズを決めた写真の自撮りは簡単だ。しかし、ビデオの自撮りは難しい。スタンドや三脚に固定すると被写体を追いかけられないので、迫力に欠けた、広い範囲を一度に収める構図になってしまう。

 そこで、顔を自動追尾してビデオ撮影できるスマートフォン用マウント「Picbot」を紹介する。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。

 Picbotは、スマートフォンを取り付け、モーターで360度回転させることのできるデバイス。スマートフォンとBluetooth連携し、専用アプリから動きが制御される。

 もっともユニークなのは、スマートフォンのカメラで被写体の顔を認識し、顔が構図の中央になるよう追い続ける機能。動き回るようすを写真やビデオで記録する際、1人でもスマートフォンを動かしながら自動撮影できる。

 スマートフォンでタイムラプス撮影する場合も、ただ固定して撮るのではなく、Picbotで少しずつ方向を変えるなどして構図に変化をつけられる。もちろん、180度や360度のパノラマ写真も失敗なく撮れる。

 さらに、特定の動きやポーズをしたときに写真やビデオを撮影する機能も備えている。セルフタイマーやリモコンなどを使わず、ジャンプした瞬間を写真に収めるといった使い方が可能だ。

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間10月30日まで。目標金額の3万5000ドルに対し、記事執筆時点(日本時間9月6日11時)で約1万4000ドルの資金を集めている。キャンペーン期間はあと54日ある。

最終更新:9月6日(火)13時0分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]