ここから本文です

NDS、最大50台でプレゼン資料を共有できる小型端末「MultiPresenter Stick」

CNET Japan 9月6日(火)17時2分配信

 NECディスプレイソリューションズは9月6日、ディスプレイのHDMI端子に装着すると無線LAN経由で、参加者の画面を表示できるワイヤレスプレゼンテーション機器「MultiPresenter Stick」の販売を開始したと発表した。出荷は9月13日で、ウェブ直販価格は3万3000円(税別)。

 MultiPresenter Stickは、幅117mm×奥行47mm×高さ14mmのコンパクトなスティック型筐体で、質量は約49gと軽量だ。少ない手順で無線LAN接続や発表者の交代が行えるため、会議運営や、教育現場などで役立つ。

 利用するには、大画面液晶ディスプレイやプロジェクタのHDMI端子に装着する。内蔵されているアプリケーションが起動し、画面上に4桁のPINコードが表示される。会議参加者は自身の端末に専用アプリケーションをインストールしておけば、各自の端末にそのPINコードを入力するだけで、ワイヤレスによる画面表示が可能になる。

 発表者がメニュー内のボタンをワンクリックするだけで、自分の端末と同じ画面を表示できるほか、発表者が投写している画面を、他の参加者の端末の画面に表示できる。さらに、参加者がそれぞれの端末で、メモをつけて保存することも可能だ。

 発表者が交代する時にケーブルを繋ぎ替える必要がないので、作業の手間と繋ぎ替えを待つ時間を削減できる。

 専用アプリは、Windows、MacOS、Android、iOSがそろっており、参加者がスマートフォンやタブレットなど異なるOSや端末を使用する場合も混在できる。

 同時接続数は、MultiPresenter Stick自体が無線LANアクセスポイントになり、各端末を直接MultiPresenter Stickに接続する「スマートコネクション」モードの場合、最大12台。MultiPresenter Stickを既存のネットワークに追加し、そのネットワーク経由で各端末をMultiPresenter Stickに接続する「インフラストラクチャー」モードは最大50台まで接続可能だ。

 さらに、MultiPresenter Stickには200Mバイトまでのファイルを受け渡しできる機能も持つ。なお、アップロードしたファイルは、接続終了時に自動的に消去される。

最終更新:9月6日(火)17時2分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]