ここから本文です

スノードラゴン、セントウルS厩舎情報/美浦トレセンニュース

netkeiba.com 9月7日(水)14時30分配信

 スノードラゴン(牡8・美浦・高木登)が、セントウルS(GII・芝1200m)に向けて坂路で追い切りを消化した。追い切り後の高木調教師のコメント。

「前走のCBC賞(GIII・6着)は斤量が58.5キロでしたし、直線で進路がなくて仕掛けが遅くなった上に、前も止まらなかったのでもう少し時計がかかってほしかったですね。前走後はノルマンディーファームに放牧に出して、ここを目標に1か月ほど前に戻ってきました。帰厩後はプールと坂路を併用して調整しています。2週続けて坂路で51秒台の時計を出していますので、今週はサラッとやりました。8歳馬とは思えないほど良い動きでしたし、状態も良いですね。

 長期休養が明けてからは馬体が柔らかくなりましたし、そのまま良い状態をキープできています。年齢的な衰えもないですね。開幕週なので前が止まらないかもしれないですが、ゲートも出るようになって極端に位置取りが下がることもないでしょうから、対応できると思います。この馬のレースをしたいので、ある程度ペースが流れてほしいですね。久々に57キロの斤量で出走できるのも好材料です」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:9月7日(水)14時30分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。