ここから本文です

東急本店のビアガーデン、間もなく営業終了 ワイン持ち込み対応 /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月7日(水)0時3分配信

 東急百貨店本店(渋谷区道玄坂2)の屋上ビアガーデンが、間もなく今年の営業を終了する。運営はシダックス(神南1)。(シブヤ経済新聞)

コース料理のイメージ

 例年約2カ月間営業している同所のビアガーデン。内容を一新して展開しているという今回、グリーンに囲まれた空間には188席を用意し、週末を中心に生演奏ライブなども行っている。

 メニューはコースとアラカルトで用意。コースは、ビール「ザ・プレミアム・モルツ」、ウイスキー「ジムビームハイボール」、ワインなどのドリンク2時間飲み放題にスモークチキン&ポテトフライ(プレーン・パストラミ)、スモークサーモンのサラダ仕立て、パスタ(アマトリチャーナ)などのフードが付く3,500円コースなどのコース4種類を用意。コース利用客は、東急本店地下食品館で購入したワインを無料で持ち込むことができる(要レシート提示)。

 アラカルト注文の場合は、「ザ・プレミアム・モルツ」(700円~)、「ジムビームハイボール」(600円~)、カクテル(600円)などのドリンク、ピクルス(600円)、マルゲリータピザ(1,200円)、「叙々苑ライスバーガー」(700円)、同店地下1階「ローゼンハイム」とのコラボレーションとなる「燻(いぶ)し焼きスペアリブ」(1,000円)などのフードをラインアップする。

 利用客の特徴としては、平日は若い女性同士、休日はの夕方からはカップルの姿が見られる。クラシックの演奏などを行ってきたことから、「落ち着いた雰囲気」になっているという。

 営業時間は17時~22時30分(土曜・日曜・祝日は15時~)。雨天時などは中止の可能性有り。9月19日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月7日(水)0時3分

みんなの経済新聞ネットワーク