ここから本文です

新生ロミジュリは“失われた世界の中での悲劇”

チケットぴあ 9月7日(水)16時17分配信

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』の製作発表記者会見が9月5日、都内ライブハウスで開催された。ロミオ役は古川雄大と大野拓朗のWキャスト。ジュリエット役もWキャストで、乃木坂46の生田絵梨花と、現役女子高生の木下晴香が抜擢された。

会見画像、全23点

シェイクスピアの名作をもとに2001年にパリで初演され、世界で500万人以上を動員している大ヒット作。日本でも上演を繰り返しているが、今回は振付・美術・衣裳が一新された“新バージョン”演出で登場する。演出を手がける小池修一郎は「もともと2011年の(日本オリジナル版)初演の際、両家の争いの中で起こるロミオとジュリエットの物語を、この21世紀に一片のリアリティを感じられたら…と思い、やや近未来的な“崩壊した世界の中の出来事”というものを想定して進めていた。しかし震災があり、そんな時に“破壊された世界”を描くことに抵抗を覚え、少しロマンチックな、おしゃれなものになりました。それが好評を博したので、今度は初心に返り、やってみたかった“失われた世界の中でのロミオとジュリエットの悲劇”というのを描いてみたい」と、新演出の狙いを語った。

ロミオ役の古川は2013年公演に続いての出演。「今回、新演出になるので、新作に挑む気持ちです。一からこの台本とロミオと向き合っていけたら」と意気込みを。初参加の大野は4年ぶりのミュージカル出演だが「僕自身、小池先生演出の『ロミオ&ジュリエット』が世界で一番好きな舞台。初めてミュージカルに出させていただいた後から4年間、ずっとこの舞台に立つことを夢見てレッスンしてきました」と熱く語った。そしてジュリエット役はふたりともまだ10代。乃木坂46で活躍する生田は「3年前にこの作品を観て、感動と衝撃を受け、いつかジュリエットをやりたいということを思い続けてきた。今ここに立てていることが不思議」と話す。木下は「全日本歌唱力選手権歌唱王」(日本テレビ系)に出ていたところを小池が見たことから、オーディションを経てこの役を掴んだ。「いつもはお客さんとして客席から憧れて見ていた皆さんと同じ舞台に立たせていただくことが、本当に夢のよう」と話していた。

この日はキャストによるミニライブも披露。そのパフォーマンスを見、小池からは「このメンバーは意外といけるのでは、自分のやりたい方向の作品の精神で進められるのではと勇気と自信をもらえたかな」と満足気なコメントが飛び出した。新生『ロミオ&ジュリエット』、いったいどんな作品が生まれるのか、注目だ。

公演は2017年1月15日(日)から2月14日(火)まで東京・赤坂ACTシアター、2月22日(水)から3月5日(日)まで大阪・梅田芸術劇場メインホールにて行われる。チケットは東京公演が発売中、大阪公演が10月15日(土)に一般発売開始。

最終更新:9月7日(水)16時17分

チケットぴあ